バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックとAGA治療薬

バイアグラジェネリックとAGA治療薬

バイアグラを使用し始める年齢になりますと、髪の毛も薄くなり薄毛が気になってくる年でもあります。

 

やはり薄毛は何とか食い止めて、育毛ができたらと思うのですが、現在医学的に薄毛・育毛に効く薬として認められている薬が2種類あります。

 

プロペシアとミノキシジルの2種類になります。

 

これ以外にもドラッグストアーなどに行きますと、すごい数の育毛剤が発売されていますが、実際に育毛効果があるものとして認められているものは上記の2点だけでそれ以外は、育毛効果があるなどと書いたら罰せられますので、よく見ると小さな字で、「育毛効果はありません」などと書かれているものがほとんどで、かなり高額な値段の育毛剤もドラッグストアーでは発売されていますが、育毛効果ははっきり言ってありません。

 

せいぜい頭皮に栄養を与えて、脱毛の速度を遅くさせるぐらいが精一杯のところだと思います。

 

そこで気になるのが、医学的に育毛効果が認められているプロペシアとミノキシジルをバイアグラと一緒に飲んでも大丈夫かという問題です。

 

ミノキシジルには、飲み薬と塗り薬の2種類があります。ミノキシジルが育毛効果を発揮する仕組みは、血管拡張作用で、髪の毛の毛細血管に十分に血液を行きわたらせる事で、毛根に栄養を与えて育毛を促進させます。

 

 

塗り薬ですと、頭皮の部分のみに効きますが、飲み薬になりますと頭皮以外の全身に同じ効果が現れます。

 

バイアグラの体の中での機能は、血管を拡張させて海綿体に血液を送り込む事で勃起をさせます。

 

ですので、バイアグラの機能とミノキシジルの機能は、血管を拡張させる部分で一致しますんので、相乗効果により、低血圧になってしまう可能性があります。

 

低血圧症の人や、高血圧でやはり血管拡張剤を飲んでいる人は、ミノキシジルの飲み薬には注意が必用です。

 

育毛効果を最大限に発揮できる方法は、このミノキシジルとプロペシアの二つの薬を併用することが、現段階では最高の育毛効果を得られる方法です。

 

詳しくは、「プロペシアとミノキシジル/実際に発毛効果のある2大育毛薬」を参照してください。

 

ですので、どうしてもバイアグラを使用している方で併用したい場合には、できればミノキシジルは塗る薬を選択する事をお勧めいたします。

 

プロペシアの体の中での作用は、発毛サイクルを狂わせる男性ホルモンの作用を抑制することで、正常な育毛サイクルに戻し、抜け毛を防ぐ役目をしてくれます。

 

プロペシアは正確には、抜け毛を止める効果がありますが、育毛効果はありません。ですが育毛サイクルが正常になる事で今までこしが無く細かった毛にこしが出てしっかりとしてくるため、全体的に見ると、育毛されているような状態に見えます。

 

プロペシアの作用は、バイアグラの作用と全く異なった作用を体の中でしていますので、両者を同時に使っても全く問題がありません。

 

結論として、バイアグラを使用していて、AGA治療もしたい方は、プロペシアと塗り薬のミノキシジルを使用しましょう。

バイアグラジェネリック

ホーム RSS購読 サイトマップ